自己処理とカミソリ負け

自己処理の場合、よくカミソリを使用しますが、その際、問題になるのがカミソリ負けです。カミソリでの自己処理は、手っ取り早くできてお金もかからないので非常に便利なのですが、カミソリ負けをして、赤みやかゆみができるなどの肌トラブルに悩まされる危険性があります。毛嚢炎などが起きることもあります。カミソリ負けをすると、赤みが発生し、ニキビのようなポツポツができることもあります。自己処理とカミソリ負けは、切っても切れない関係で、なぜ起こるのかと言うと、カミソリの刃が、肌の角質層まで削ぎ落とし、結果、肌に傷を付けてしまうからです。ムダ毛だけでなく、皮膚まで削ってしまうからカミソリ負けが起こってしまうのです。傷ついた肌の無数の傷から黴菌が侵入し、毛穴の奥にある毛包部分に黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの細菌が入り込んで赤く腫れたりします。自己処理とカミソリ負けは、永遠の課題で、肌への負担がどうしても大きいので、続けている限りは、カミソリ負けからの炎症や色素沈着を繰り返すことになります。自己処理をするとどうしも肌トラブルが起きやすいので、脱毛サロンで脱毛するのが一番です。